キャンパー厚木様の自立看板のインクジェット出力シート貼り

・板橋の東武練馬駅近くの看板屋、株式会社看板ボーイです。  


以前にもこの事例紹介のコーナーでお伝えした神奈川県厚木市のキャンパー厚木様から、追加の依頼をいただきました。  

キャンピングカーの販売などを手掛けるキャンパー厚木様は2020年10月に社名変更を機に、看板も刷新しています。


今回は自立看板へのインクジェット出力シート貼りでした。  


自立看板のサイズは縦1800ミリ×横3755ミリです。  

デザインは上段の約2/3がイメージ写真、下段の約1/3が店名の表示です。 インクジェット出力シートは上段のイメージ写真と下段の店名表示の2分割で作成しました。  


全体が湾曲しているのが、今回の作業のポイントでした。

平面であればインクジェット出力シートを貼る作業は何も難しくはないのですが、湾曲しているとかなり難易度が高くなります。  


通常、ある程度以上のサイズのインクジェット出力シートを貼る際には、貼り手1名とシートを持ち手1名の2名で作業します。  

持ち手は、シートの離型紙を剥がして、貼り手がスキージーでシートを抑えやすいように持ちます。

盤面が湾曲していると持ち手の抑え方重要かつ難しくなります。このあたりは作業経験が重要で、無事に作業を終えることができました。  


インクジェット出力シートの貼り変えをはじめ、看板のデザイン、看板の製作や看板の設置についてのお問合せ、ご質問等は看板ボーイまでお願いします。

作業途中
下段の店名の表示を貼った状態

下段の約1/3には店名を表示しています。

IMG_9616
全面にシートを貼り終えた状態

新しいデザインに刷新されたキャンパー厚木様の自立看板

IMG_9610
IMG_9610