江戸川区でアクリル切り文字を施工しました

東京・板橋区の徳丸一丁目を拠点に都内23区で看板の製作と施工をやっている株式会社看板ボーイです。

江戸川区内でアクリル切り文字の施工をしたのでご紹介します。


ご依頼主は注文住宅を手掛ける株式会社丸山工務店様です。 同社の江戸川支店が南小岩にあり、内外装のリニューアルにともない、看板ボーイにサイン類の製作・施工のご相談をいただきました。


アクリル切り文字の設置個所は外階段側面の木製ルーバーです。

デザインはお客様からの支給でした。


サイズ感を確かめるために、原寸サイズのデザインを紙に出力し、現場でお客様と2度ほど打ち合わせをしてサイズを決定しました。


サインの仕様は、黒マットで厚さ3ミリのアクリルです。

「家」のマークや住宅のシルエットの窓の部分は、レーザーで抜き加工しました。

一部にはインクジェット出力シート貼りを併用して、アクセントカラーとしています。


打ち合わせ時にはアクリルやステンレスの切り文字のサンプルをお見せして、使用する材料を選定していただきました。

取り付には両面テープとボンドを併用しています。


同社の前を通る歩行者や車のドライバーからは、ほどよいサイズで視認しやすいサインに仕上がりました。   もともと照明が設置されているので、夜間はライトアップされます。


アクリル切り文字をはじめ、看板全般のデザインと製作と施工は、打ち合わせと見積りは無料の看板ボーイまでお気軽にご連絡ください!

ビフォー
アクリル切り文字設置前

外階段側面にはサインの取り付けを前提にして照明を備えた木製ルーバーが設置されていました。

アフター
アクリル切り文字設置後

サインの最適なサイズはどのくらいか、何パターンかの原寸図を出力して、お客様と一緒に検討しました。

メイン
メイン