ステンレス切り文字の塗装仕上げを製作・施工しました

東京・板橋の東武練馬駅近くを拠点に23区内で看板の制作と施工をやっている看板ボーイです。

前回の施工事例紹介の続きで、南小岩の丸山工務店様に施工したステンレス切り文字のサインをご紹介させていただきます。


設置場所は同社の入り口ドアを入ってすぐの壁面です。

入口のガラスドアの先はタイル貼りの壁面になっていて、この壁面にステンレス切り文字で塗装仕上げのサインを製作・施工しました。


デザインはお客様から支給していただいたものを使い、ロゴマークと社名文字はそれぞれ塗装しています。


文字の素材はステンレス製で板厚は3ミリ。

文字の裏に全ネジを立てて、壁面から10ミリ浮かせて取り付けました。

壁面から浮かせずに取り付けることもできますが、少し浮かせたほうが立体感がでてカッコ良く見えます。


今回の施工では、設置個所のタイルに約50か所の穴をあけました。

穴アケが大変そうでしたので、事前にお客様にタイルの端材をもらい、会社に持ち帰って穴アケできるか試験しました。


その結果、ひとつの穴をあけるのに時間はかかるけどやってやれないことはない、と判断しました。


タイルは20ミリの厚さがあるうえにかなり硬く、磁器タイル用のドリル刃は穴をふたつあけたら焼き切れてしまうような状況でした。


かなり時間はかかりましたが、当方の職人が最後まで丁寧に穴あけした結果、タイルを割ってしまうこともなくキレイな仕上がりになりました。


ステンレス切り文字の制作と施工は、東京・板橋の看板ボーイまでご相談ください。

見積と現地打ち合わせは無料です!

IMG20210525132602
切り文字設置前の壁面

タイルは硬く厚さは20ミリで、穴アケには苦戦が予想されました

ダウンロード1
切り文字設置後

タイルへの穴アケは予想通り大変でしたが、最後まで根気よく丁寧に穴アケした結果、タイルを割ってしまうこともなくキレイな仕上がりとなり、お客様にご満足いただけました。

ダウンロード2
ダウンロード2