カッティングシートとステンレス切り文字を施工しました

東京都板橋区で看板屋を営んでいる株式会社看板ボーイです。


埼玉県春日部市で建築と不動産業を手掛ける有限会社染谷商事様の事務所の改装にともない、ファサードにカッティングシート、室内にステンレス切り文字を施工したのでご紹介させてもらいます。


ファサードのガラス面には店名と 「建築事業部」 「不動産事業部」 という、同社の業務内容を表示しました。


お客様からのご要望は、外から室内が見えるようにしておきたいのでカッティングシートの表示面積はあまり大きくせずコンパクトかつスタイリッシュにレイアウトしてほしい、というものでした。


当初はカラーでロゴマークを表現することなども検討していたのですが、弊社でデザインを作成してお客様に確認していただく作業を繰り返し、最終的には白の単色となりました。


カッティングシートの表示面積は700×500ミリ程度で、外から室内の見通しを遮ることがなく、同社へのお客様が来店しやすい雰囲気作りの一助となっています。


また室内の受付カウンター部分にはステンレスの切り文字を設置しました。


マークの部分は表面にインクジェット出力シートを貼ってカラーで表現し、「SOMEYA」の文字は表面をヘアライン仕上げにして光沢感や重厚感といったステンレス素材の特長を活かした仕様になっています。


取り付け時には壁面から文字を10ミリほど浮かせて設置しました。

この手の切り文字は、壁面にベタ付けにするよりも少し浮かして取り付けたほうが立体的に見えて存在感が増します。


今回のサイン設置にあたり、ロゴマークはお客様からご提供いただき、デザインは弊社で作成して校正をご確認してもらい、その校正に対して「こんか感じとかはどうでしょうか?」とお客様が自らデザイン案を作成してくださったりして、お互いに案を出し合いながら作りこんでいきました。


カッティングシートやステンレス切り文字の製作と施工をはじめ、銘板や各種看板の製作と施工は、見積りと現地相談が無料の看板ボーイまでお気軽にご連絡ください。

カッティングシートの施工前
カッティングシート施工前

もともと欄間看板やポール看板は設置されていましたが、ファサードのガラス面にはサイン類がありませんでした。

カッティングシートの施工後
カッティングシート施工後

ファサードのガラスに店名と事業内容をコンパクトに表示し、外から室内への視界を塞がないように配慮しています。

ステンレスの切り文字
ステンレスの切り文字